インターネット環境がないと利用できない

クラウド保存はオンライン環境で利用するサービスです。そのためオフライン環境ではクラウド保存のサービスは利用できないというデメリットがあります。例えばインターネット環境のない場所に行ったときや、自宅でのオンライン環境に不具合が生じてしまった場合はクラウドサービスを利用できません。保存だけでなく閲覧ができないのもデメリットだと考えられます。ログインIDやログインパスワードを忘れてしまった場合にもデータの保存や閲覧ができないのも難点です。 これらのデメリットを考えれば、オフライン環境下でも利用できるものにもバックアップを取っておくのが良いと言えます。写真であればUSBにデータを保存しておくのも良いでしょう。バックアップ作業として写真をプリントアウトしておくのも1つの方法です。

データの損失や流出の危険性もある

クラウドサービスは絶対に安全なものだとは言い切れません。どれだけ優れたセキュリティ対策を取っていたとしても、インターネット上にデータを保存していると外部によるサイバー攻撃によってデータを壊されてしまうリスクは消えません。不正なアクセスによって保存していた写真が流出してしまうリスクもあるでしょう。これらの問題は、常に最新版のセキュリティ対策ツールを導入しておくことで緩和される可能性が高いです。またクラウドサービスは、いつサービスが終了してしまうか分からないというデメリットもあります。サービスが終了してしまうとデータも消えてしまう可能性が高いので、複数のサービスに写真を保存しておくのが良いかもしれません。