きちんと整理しておかないと見なくなりがち

HDD保存はたくさんの写真を保存することができるので、利用している方も多いのではないでしょうか。メリットはたくさんありますがデメリットも存在します。たくさんの写真を保存できるからこそ、収拾がつかなくなってしまうことがあるのです。整理をきちんとしておくことができればほしい写真をすぐに見つけることができますが、とりあえず保存しておくために特に整理をせずに入れておいただけでは、欲しい写真を探すことができなくなってしまうのです。保存することができる量が多いからこそ、後から欲しい写真を見つけることができるように日付や出来事、ジャンルなどに分けて、必要に応じて取捨選択しながら整理して保管しておくことが必要になります。

破損してしまう恐れも

HDD保存をすれば大丈夫、と思いがちですが、HDDもほかの電子機器と同様に破損してしまうデメリットがあります。それはいつ起こるのかはわかりません。基本的にはある程度持つはずですが、使用の状況や機器の個体差などによって思わぬ時に破損してしまうこともあるのです。場合によっては動かなくなってもデータだけを専門業者に依頼して取り出してもらうことができる場合もありますが、データ自体が壊れてしまう場合などには対応できなくなります。すべての写真については難しいかもしれませんが、どうしても消えてほしくないものについてはさらに別のバックアップ手段をとっておくなどして破損の際のダメージを減らしていくことが必要になるのです。