外部のHDDを使えばどんどん容量を増やせる!

スマホやデジカメを使って写真を撮った時、普通はデータが本体に保存されます。少し撮るくらいならよいですが、写真が増えてくると本体に入り切らないことがありますよね。写真で容量がいっぱいになってしまうと、他のデータを保存できなくなってしまいます。そういう時に便利なのが、外部のHDDです。USBタイプの外付けHDDがありますが、これを使えば写真のデータを簡単に保存することができます。

本体の容量を圧迫することがないので、容量を気にする必要がありません。カメラ本体のデータがいっぱいになってしまい、古い写真を消しながら使っているという人は、外付けのHDDを導入してみてはどうでしょうか。どんどん色んな写真を保存できるので便利ですよ。

誰かとデータをやり取りする時に便利!持ち運びも簡単

写真をHDDに保存するメリットの1つが、データの管理が楽になるということです。カメラ本体に写真を保存していると、カメラがなければ写真を確認することができません。しかし、HDDにデータを移し替えておけば、写真のデータをパソコンで管理したり、テレビで写真を確認したり色々できるようになります。データを持ち運ぶ時にもHDDは便利です。

HDDには持ち運びが簡単にできるポータブル型のものがあります。サイズが小さいので、バッグやポケットに入れて手軽に持ち運びできます。ポータブル型のHDDに写真のデータを保存しておけば、誰かの家に写真のデータを持っていく時も楽です。子供の写真を実家の親御さんに見せたいという時もありますよね。そういう時は、ポータブル型のHDDを活用しましょう。