複数の電子機器でデータを共有できる

クラウド上に写真を保存することのメリットとして挙げられるのが、複数の電子機器でデータを共有できることです。クラウドサービスの良いポイントはブラウザ経由でクラウドサービスにアクセスすれば、写真のアップロードやダウンロードができることでしょう。クラウド上に写真データがあれば、パソコンだけでなくタブレットやスマートフォンでも写真の閲覧や保存が可能になっています。アクセスができれば、自分だけでなく他の人にも写真を見てもらえるのもクラウドサービスを利用するメリットです。インターネット環境が整っている場所であれば何処でもクラウドサービスが利用できるので、旅行中でもクラウド上に写真を保存することができます。課金すれば保存容量を拡大できるのも魅力的なポイントでしょう。

バックアップの作業がいらないのも利点

クラウド上に写真を保存しておくことで、バックアップ作業がいらなくなるのも魅力的なポイントです。例えばスマートフォンに写真を保存しておいた場合は、スマートフォンの買い替えを行うタイミングや修理を行うタイミングでバックアップ作業が必要になります。クラウド上に写真を保存しておけば、買い替えや修理のタイミングでのバックアップは必要ありません。新しいスマートフォンが手元に届いたときにクラウド上から写真をダウンロードすれば、写真データの復元も可能です。パソコンに写真を保存している場合、災害によってパソコンが破損してしまえば写真データも破損してしまうというリスクがあります。クラウド上に写真を保存しておけば災害による写真データの破損も防げます。